名 称 こどものじかん保育園
所在地 千葉県浦安市東野3-4-11 〒279-0042
設 立 平成30(2018)年4月1日
管理者 園長 中島純子
設置者 特定非営利活動法人i-net ホームページを見る
目 的 こどものじかん保育園(以下登園という)は、特定教育・保育施設の適切な運営を確保するために、人員及び管理運営に関する事項を定め、登園を利用する小学校就学前の子ども(以下、利用子どもという)に対し、敵背うな特定教育・保育(以下、保育という)を提供することを目的とします。
開所時間 午前7時から午後8時まで(土曜日は午後6時まで)
休園日 日曜日・祝日・年末年始・その他災害等発生時 詳細ページを見る
建 物 鉄筋コンクリート6階建ての2階
面 積 延べ床面積296.09平米+屋外テラス・屋上緑化138.54平米
設備等

(0・1歳児)59.515平米

(2歳児以上)91.193平米

(ホール)40.38平米

(トイレ、事務室、医務コーナー)18.68平米

(テラス)138.54平米

対 象 2号、3号認定の子ども
定 員

0歳児:6名

1歳児:10名

2歳児:10名(2020年度は11名)

3歳児:10名(2020年度は12名)

4歳児:10名

5歳児:10名(2020年度は9名)

職 員

当園が保育を行うにあたり以下の職員を配置します。園長1名、主任1名、保育士15名、保育補助3名、調理員3人、栄養士1名、看護師2人、事務員1人、バス運転手1名、嘱託医2名

嘱託医

浦安こども診療所 院長 青柳陽先生 ホームページを見る

オーラルケア浦安歯科・小児歯科・矯正歯科 院長 平健人先生 ホームページを見る


 

保育料は、浦安市(居住市町村)に支払いますが、以下の実費負担の対象項目については、園への支払いとなります。

基本は銀行口座からの引き落としとなります。(毎月26日)

 


(入園時・進級時)

スポ振 共済掛金(保険代)

全員 年300円
保護者会活動費 全員(個人別)
年2,400円(月200円)
成長記録ファイル代 全員 @1,100円
カード代 必要な人 @300円
園外活動用の帽子(0・1歳児) 全員 @1,100円
園外活動用の帽子(2歳以上児) 全員 @2,750円
園外活動用の雨具(3歳児以上) 全員 @7,000〜7,600円
道具代・クレパス(3歳児以上) 希望者 @500円
道具代・自由画帳(3歳児以上) 希望者 @350円

 

 

(毎月・随時)

布オムツ利用料(廃棄代含む)

ほしぐみ 登園日数×150円
紙オムツ廃棄代 対象者
月100円
森のようちえん活動費 もりぐみ 年24,000円 ※1
食事代(3歳以上児) もりぐみ 月3,000円
遠足代(3歳以上児) もりぐみ 実費 ※2
お泊まり保育代 年長児 実費 ※3
卒園児積立金 年長児 年12,000円 ※1
写真代 希望者 @60円〜1000円
試食代(普通食) 希望者 @400円
試食代(離乳食) 希望者 @100〜150円
延長保育料 対象者 詳細別途

※1:年額を12ヶ月で按分した額を毎月支払います。

※2:2018年度は5000円、2019年度は1000円程度。行き先や交通手段により異なります。

※3:2020年度、6000円程度を予定


(徴収方法)


銀行口座(京葉銀行富岡支店)から自動引落となります。

実費徴収は毎月末日を〆日として、翌月26日に引落します。
※お手数ですが京葉銀行富岡支店に口座開設をお願いします。登録手続き完了までは振込をお願いします。

 

利用実績に応じて、以下の~い了間帯別に設定している精算単位(15分または30分単位)ごとの延長料金の合計額を徴収します。なお、延長料金は認定区分(標準・短時間)により異なります。

 

(延長保育料金)

時間帯 ※1 保育標準時間 保育短時間 月額上限
 仝畫娃兄00分から8時30分 50円/30分 設定有
午後4時30分から午後6時00分 50円/30分 設定有
8畍紕胸00分から午後7時00分 100円/30分 100円/30分 設定有

じ畍紕兄00分から閉園まで ※2

または午前7時以前

200円/15分 200円/15分 設定無

※1:毎時(00分)(15分)(30分)(45分)の区分を起点として次の延長料金の区分となります。例:午後6時00分のお迎えは、の対象となります。午後5時59分59秒までが△梁仂櫃任后

※2:災害その他により、午後8時以降の延長となった場合も対象となります。

 

(月額上限)

´↓の合計額が2,000円を超えた場合、上限額が2,000円となります。

い砲肋絽太瀋蠅呂△蠅泙擦鵝

 

(延長保育料の減免)

´↓については、保育料と同様に、市が定める基準に基づき減免があります。対象者を園で把握できていない場合がありますので対象の方はお申し出ください。例:第2子半額、第3子以降無料、所得階層など。

い砲弔い討蓮減免はありません。

 

(徴収方法)

銀行口座(京葉銀行富岡支店)からの自動引落です。

実費徴収は毎月末日を〆日として、翌月26日に引落します。
※お手数ですが京葉銀行富岡支店に口座開設をお願いします。登録手続き完了までは振込をお願いします。

(基本となる保育時間)

実際に利用する保育時間(保育園の登園・降園の時間)は保護者の就労や通勤の時間を勘案し、面談の上、家庭ごとに個別に決定します。買い物及び私用に要する時間は保育時間に含まれません。

シフトなどで変更が多い場合にも、職員配置の調整等で、いったん基本となる保育時間の確定をし、そのうえで、必要に応じて、日々の連絡で調整します。

→必要書類をDLする

 

(基本となる保育時間の変更)

就労状況の変更などにより、基本となる保育利用時間を変更する必要がある場合には、保育時間申請書を提出下さい。別途、面談をさせていただきます。

→必要書類をDLする

 

(臨時的な時間変更)

この事前に決めた保育時間より15分以上、早い・遅いといった変更がある場合には、職員体制や子どもの生活に影響のある場合もありますので、事前にコドモンまたは電話にて連絡をお願いします。

 

特に朝8時30分以前・夕方17時30分以降は、職員の追加配置などの調整が必要となることもあります。子どもの安全確保のため、必ず事前に連絡してください。
 

(保育時間)

保育認定区分にかかる保育の提供時間は、次の時間の範囲内で、利用こどもの保護者が保育を必要とする時間となります。

  • 保育標準時間認定(11時間):午前7時00分から午後6時00分
  • 保育短時間認定(8時間):午前8時30分から午後4時30分

 

(延長保育)

やむを得ない理由により、保護者が保育認定区分の保育時間の前後に保育を希望する場合には、開所時間内において延長保育事業を実施します。

 

(利用の開始) 

当園は、市が行った利用調整により当園の利用こどもが決定されたとき又は保育の実施の委託を受けたときにはこれに応じます。

※開始に際し、利用こどもの保護者と重要事項を記載した書面によりその内容を確認します。 

※保護者は、以下の留意事項を了承した上で、当園の保育の利用を開始します。

 

(利用の終了)

園児が次のいずれかに該当する場合には、保育の提供を終了します。

  • 子ども・子育て支援法第19条第1項第2号及び第3号に規定する小学校就学前子どもの区分に該当しなくなったとき。
  • 利用子どもの保護者から当園の利用に係る取消しの申出があったとき。
  • 市が当園の利用継続が不可能であると認めたとき。
  • その他、利用継続において重大な支障又は困難が生じたとき。

 

(利用の留意事項)

  • 実際の保育利用時間 

実際の保育利用時間は就労時間+通勤時間を勘案して園と協議の上、家庭ごとに個別に決定します。買い物及び私用に要する時間は保育時間に含まれません。

※在園中に認定時間内で、実際の保育の利用時間を変更する必要がある場合には、保護者からの申し出に基づき、その都度、園と協議して決定します。

 

  • 延長保育の利用 

延長保育の利用には事前の利用申請が必要です。利用時間は、就労時間+通勤時間を勘案して園と協議の上、家庭ごとに個別に決定します。買い物及び私用に要する時間は保育時間に含まれません。また、通常保育料とは別に延長保育料金がかかります。

 

  • 土曜日の利用 

土曜日の利用は事前の利用申請が必要です。同居保護者全員の就労状況等を勘案して園と協議の上、家庭ごとに個別に決定します。

園児と同居する保護者の中に、仕事が休みの方がいる場合等には土曜保育の利用ができません。
土曜保育の利用後には、利用日毎に同居する保護者全員の就労証明書等の書類の提出が必要です。

 

  • 平日、仕事が休み日の保育時間 

保護者の仕事が平日に休みの場合、保育利用時間は午前8時30分から午後4時30分となります。

 

  • 健康上の理由などで保育が利用できない場合

子どもの発熱、体調不良、感染症り患、その他、健康上の理由から保育を利用できない場合があります。

 

  • 在園中の住所、在園事由などの変更など

住所や家族状況、支給認定の変更(標準時間→短時間、短時間→標準時間)、在園事由の変更、休園・転園・退園希望などがある場合には速やかに園にお知らせください。変更内容・状況に応じた手続きが必要となります。

 

当園では、児童の病歴、心身の機能障害、健康診断の結果及び医師等による指導・診療・調剤に関する情報を、児童の健康及び安全の管理の目的で取得することがあります。

当園では、保育中に、利用こどもの体調の急変が生じた場合や、事故・怪我などで必要な場合には、速やかに利用こどもの保護者又は医療機関への連絡を行うなど必要な措置を講じます。

当園では、非常災害に関する具体的な計画を立て、防火管理者を定め、非常災害時の関係機関への通報体制等を整備しています。また、それらを定期的に職員に周知するとともに、毎月1回以上の非常災害訓練を実施します。

当園の職員及び職員であった者は、正当な理由がなく、その業務上知り得た利用する子ども又はその家族の秘密を漏らしません。

 

また、当園は、小学校、他の特定教育・保育施設等、地域子ども・子育て支援事業を行う者その他の機関に対して、利用子どもに関する情報を提供する際には、あらかじめ文書により利用子どもの保護者の同意を得ることとします。ただし、特段の理由がある場合もしくは別に定めのある場合は除きます。

当園では、保育の提供に関する以下に掲げる記録を作成・整備し、その完結の日からそれぞれの記録に応じて定める期間保存します。

 

  • 保育・教育の実施に当たっての計画           5年間保存
  • 提供した保育・教育に係る提供記録           5年間保存
  • 支給認定を行った市町村への通知に係る記録       5年間保存
  • 支給認定保護者等からの苦情の内容等の記録       5年間保存
  • 事故の状況及び事故に際してとった処置についての記録  5年間保存
  • 保育所児童保育要録    当該児童が小学校を卒業するまでの間保存

私たちは、こどもの人権の擁護・虐待防止に努めます。

 

  • 職員による、園児に対する虐待等の行為の禁止
  • 虐待の防止、人権に関する啓発のための職員研修の実施
  • その他虐待防止のために必要な措置

 

また、虐待を受けたと思われる子どもを発見した場合は、児童虐待の防止等に関する法律の規定に従い、速やかに、浦安市こども家庭支援センター・児童相談所等の適切な機関に通告します。

当園では、利用者からの意見・相談・苦情等に適切に対応するため、苦情受付担当者、苦情解決責任者、第三者委員を設置しています。意見や相談など、園長や担任に気軽に声をかけ伝えてもらえればと思っていますが、園に直接言いにくいことなどは第三者委員へ相談・申し出もしていただけます。


(相談・苦情等の解決に携わる担当者)

 

  1. 苦情受付担当者
    • NPO法人i-net 事務局長 鍋野加津美 電話047-350-8615
  2. 苦情解決責任者
    • こどものじかん保育園 園長 中島純子        電話047-702-5081
  3. 第三者委員/法人・園との関係が第三者(中立)的な立場の委員です
    • 笠井和枝 電話047-382-0233 ※ご家族ではなくご本人を指名してください
    • 畑山文恵 電話090-9342-6173

 

(相談・苦情等の流れ)

 

  • 苦情等の受付:面接・電話・書面などにより苦情受付責任者が随時受け付けます。
  • 苦情受付の報告・確認:受付担当者が受け付けた内容を解決責任者、第三者委員に報告します。

 

 

(申立人が第三者委員への報告を拒否した場合を除きます)

 

第三者委員は内容を確認し、申立人に報告を受け付けた旨を通知します。

解決のための話し合い解決責任者は申立人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、申立人は第三者委員に立会や助言を求めることができます。また、保護者からの意見・苦情等に対し以下の必要な措置を講じます。

  • 意見や苦情を受付けた場合には、当該内容等を記録します。
  • 市からの求めがあった場合は、市が行う調査に協力するとともに、市から指導又は助言を受けた際は、当該指導・助言に従って必要な改善を行います。
  • 市からの求めがあった場合は、前項の改善の内容を市に報告します。

 

 

 

書類名称 用途 ダウンロード
青どっと 与薬依頼書 園で薬服用(与薬)の依頼時 与薬依頼書
青どっと
青どっと

 


Search

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Other

Mobile

qrcode