保護者の皆さんには、保育中に警報発令等の災害が発生した場合には、直ちにお迎えをお願いします。

登園前、登園中(移動中)に災害が発生したら、登園せず家庭に戻り、安全確保をお願いします。

また自宅待機の連絡をコドモンでお願いします。

 

(園の対応)

 

台風・地震などの災害や警報が発令時には、園として以下の対応をします。

指定避難場所に避難する際には、電子連絡帳のメール一斉送信、HP、災害伝言ダイヤル、保育園玄関前への掲示で避難場所をお知らせします。

 

災害発生
  • 園内で集合、避難、安否確認
  • 安全確保できれば園内待機
  • 園外活動中は、その場で安全確認をし、移動できるようであれば基本は園に戻ります。

 

避難
  • 園内の安全確保ができない場合、震度5以上の揺れがあった場合、指定避難所に避難
  • 指定避難場所:東海大学浦安高校
  • 保護者に電子連絡帖メール、HP、災害伝言ダイヤル「171」いずれかで連絡します。

 

引き渡し
  • 指定避難場所にて順次保護者に引き渡し。
  • 基本の送迎者(緊急時連絡先)として登録されている方に引き渡します。

 

災害発生時の保護者との連絡方法の1つとして災害伝言ダイヤルを予定しています。

 

(災害伝言ダイヤルの利用手順)

 

「171」にダイヤルする
ガイダンス)こちらは災害用伝言ダイヤルです。録音される方は1(いち)、再生される方は2(に)、暗証番号を利用する録音は3(さん)、暗証番号をエ¥利用する再生は4(よん)をダイヤルしてください。
◆2」を選ぶ   (ガイダンス)被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください。被災地以外の方は、連絡を取りたい方の電話番号を市外局番からダイヤルしてください。

「園の代表電話番号」で

災害伝言ダイヤルに接続

 伝言再生案内 (ガイダンス)伝言の再生    電話番号**********の伝言をお伝えします。
プッシュ式の電話機をご利用の方は数字の「1」の後シャープを押してください。ダイヤル式の方はそのままお待ちください。なお、電話番号が誤りの場合、もう一度おかけ直しください。プッシュ式電話機の場合「1♯」:新しい伝言からお伝えします。伝言を繰り返すときは、数字の「8」の後シャープを、次の伝言に移るときは数字の「9」の後シャープを押してください。
ダイヤル式電話機の場合:新しい伝言からお伝えします。(ガイダンスが流れるまでお待ち下さい)
終了 自動で終話します。

※センター利用について、伝言再生を行う為のセンター料は無料です。
※通話料について、「メッセージの再生」操作時において、お預かりしている伝言がない場合には通話料はかかりません。

 

参考:NTTによる災害用伝言ダイヤルの説明ページ

https://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171s/pla.html

安全管理の観点から、以下の災害等の発生時には臨時で休園します。

 

(災害により大雨警報・暴風警報や避難情報等(※)が発令)

 

午前6時時点で発令の場合 午前7時からの開園を見合わせます
午前9時迄に解除された場合 午前11時〜保育開始(※2)
午前11時迄に解除された場合 午後1時〜保育開始(※2)
午前11時以降に解除された場合 終日休園

 

※1:気象庁等からの大雨警報・洪水警報・暴風警報、特別警報等が発令された場合、または浦安市から「警戒レベル3(避難準備・高齢者等避難開始)」以上の避難情報が発令された場合、または首都圏JRが全線計画運休を実施中もしくは朝の通勤時間帯に開始予定など交通麻痺が生じる場合

※2:昼食の提供はできません。持参又は食事をして登園下さい。

 

(その他の災害・感染症の拡大等)

 

その他、災害や感染症の拡大等、安全や生命及び健康に大きな影響が生じると判断したときは、臨時休園とします。
 

 

保育園は、子どもの生活の場であるとともに、お母さんやお父さん、おじいちゃん、おばあちゃんといった大人たちも、出会い、つながり、交流しできる場です。そして、私たちは、ここでであった大人同士が、小さな子どもを軸に、お互いの子どもの育ちを見守り、共に育て、子どもの成長に関わることを通じて、共に育つ場になればと願っています。


いろいろな年齢や職業、価値観の人が、子どもの保育園が同じという縁で出会いました。

 

共に子どもの成長を見守る中で、少しづつ集い、お互いのことを知り、助けてもらったり、支えたり、お互いのためにできることがあったり、頼りにされたりする、そんな場として、保育園や保護者会を考えてみてください。


人とのつながりが増えることは、いいこともあれば、そうでないこともあるかもしれません。人とつながることを求めている人ばかりではないことも知っています。それでも、これからまだまだ続く子育て生活の中で、保育園でできたつながりは、きっと、頼りになる存在になります。

 

みんなとつながらなくても、安心だなと思える人からつながったり、できることをやってみたりする中で少しづつ大人の輪も広がっていく、そんなきっかけの場が、保護者会だと考えています。

 

(保護者会の活動)

 

年3回、クラス懇談会の前後に、クラスごとに保護者会としての集まりを1時間程度持ちます。保護者同士の交流や、園と保護者会の共催行事(夕涼み会)での役割について話し合ったりします。

また、園行事への協力をお願いすることもあります。

 

 2019年度の様子

  • 5月:7月の夏祭りのクラス企画についての準備(企画検討や役割分担)。
  • 9月:2月の親子交流企画の準備(企画検討や役割分担)。
  • 2月:親子交流企画。
  • 園行事への協力:クリスマス会のサンタ役、ファミリーデイ設営等、その他

 

(役員体制)

 

各学年から2名のクラス委員を選出します。

クラス委員として、クラスのとりまとめや園との調整、園行事への協力などを担っています。

また、学年によっては、園全体の役割も兼務します。

 

学年
人数 園全体の役割 備考
もりぐみ年長 2人 卒園関連の行事協力(お泊まり会、お別れ会等)
もりぐみ年中 2人 会長
もりぐみ年少 2人 運営委員
にじぐみ 2人 会計監査
ほしぐみ1歳児 2人
ほしぐみ0歳児 2人

※会長は保護者会の責任者として、園との調整等を担います。園行事での保護者代表挨拶等も行います。

※運営委員は、園が地域の方に、園の取り組みをお伝えし、意見を伺うために組織した「運営委員会」に、保護者代表として参加します。年1回(平日に90分程度)開催。

※会計監査は、園が行う保護者会会計の状況を確認します。

 

保護者会の枠組みにとらわれず、保護者の皆さんからの提案もお待ちしています。

子どもの成長発達に必要な経験や機会、保護者交流、子育て支援などにつながるものは、園としても前向きに検討していきます。

 

  • 園で、子どもや地域を対象としたイベントを行いたい
  • 保護者同士でサークル活動を行いたい(読み聞かせ、菜園、勉強会など)
  • 保護者主催で保護者向けの勉強会や、子供向けのワークショップなど。

 

(例)ファミリ−コンサート

 

保護者から、弦楽器のコンサートの提案をいただき、夕涼み会の中で実施しました。多くの親子が参加し、楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

 

時間 生活の流れ
7:00 随時登園
8:30

朝の担当保育士より引継ぎ

9:00

室内遊び

個々のタイミングでおむつ替え

検温・水分補給

9:15 戸外・室内遊び
10:00 入室・水分補給・おむつ替え
10:15 食事(初期)
10:30 食事(中期)
11:00 食事(後期)
12:00 午睡

目覚め・検温

おむつ替え

室内遊び

14:30 ミルク・2回食・おやつ
15:30 室内遊び・テラス遊び
水分補給・おむつ替え
17:30 夕方の保育士に引継ぎ

随時降園

室内遊び
18:30 延長おやつ
室内遊び
20:00 時間外保育終了

 

前期で大切にしていきたいこと 経験してほしいこと
保育士との信頼関係の形成

保育者との1対1の関わりの中で、愛着関係、信頼関係を築き、安心して過ごせるようになる。

新しい生活に慣れ、生活リズムを整える 保育園での生活に慣れ、食事や睡眠の時間が定まることで、安定した生活を送る。
食べることを楽しむ 食べることを楽しいと感じ、食への意欲が高まる
おむつ替えを通してスキンシップをはかる 安心しておむつ交換をし、保育士との1対1の関わりを楽しむ
喃語で語り合う 喃語で話すこと、保育者とやりとりすることを楽しむ
自然の中で風、光、におい、感触などを感じる 外の気持ちよさを感じ取り、散歩に行くことを楽しむ
発達に合った遊びを十分に楽しむ それぞれの発達に応じた遊びを十分に楽しみ、体の発達や情緒の安定につながる

 

0歳児・1歳児の暮らし

(排泄などのタイミング)

ひとり一人の生理的欲求やリズムを大切に

授乳、離乳食、オムツ替え、トイレ、着替えなどは個別対応を基本とします。

2歳前後から徐々にグループとして見通しを持って生活をしていきます。

 

(布オムツ)     

布オムツの排泄は、濡れた感覚で不快を感じやすくなります。紙のオムツと比べると、濡れたままでは漏れやすくなるので、保育者は、より早く関わりを持ちます。

赤ちゃんは、おしっこでオムツが濡れ気持ち悪さ(不快)を覚え、オムツ替えで気持ち良く(快)なることを経験していきます。この不快・快を知ることは、自分の感覚・気持ちを大切にする根っこになると考えています。また、意志の表現手段の少ない赤ちゃんが、おしっこしたい時やオムツが濡れた時に、力んだり、泣いたりといった方法で自分の気持ちを表現すると、大人がそれに気付き、声掛けがあり、オムツ替えをしてもらい気持ちよくなり、安心感も得られる。こうした繰り返しが保育者、そして人への信頼につながっていくと考えています。
※布オムツは貸オムツ会社(東京ダイアバ)との契約をしますので家庭でのオムツの用意や洗濯は不要です。リース会社より園に洗濯済オムツが届き、使用済みのオムツは回収・洗濯されます。
※アレルギー等健康上の理由で布オムツの使用ができない場合は医療機関との連携により対応します。

 

(登園時のオムツ替え)

登園時には、保育園で気持ちよく朝のスタートができるよう、新しい布オムツに替えて入室するようにお願いします。

 

(午睡)

0歳から2歳児までは全員一斉での午睡時間を設けています。

0歳児はそれぞれのリズムを大切にし、日課にとらわれず、個別に対応します。

1歳のお誕生日の頃を目安に、日課を意識し、生活リズムが整うようにしていきます。

 

(園外活動)

0歳児・1歳児も積極的に園外に出掛けます。個々の生活リズムを大切にする生活の中で、状況により、テラスで遊んだり、近隣の公園(主に富士見第一街区公園)に出掛けたりして、外遊びを通じて自然と触れ合う機会を大切にします。

雨天時は基本的には室内で過ごします。雨上がりに、テラスで雨の様子を見たり、雨音や空の移り変わり楽しんだりする時間も持ちます。室内で過ごす際には、体を動かして遊べるよう、遊びの内容を工夫します。

 

(室内活動)

0歳児は、成長発達に応じて、安心して過ごせる環境にして、ハイハイやつかまり立ち、伝い歩きなど、それぞれの発達段階を十分に楽しめるようにします。

また、1歳児も発達や興味に応じたおもちゃを設定し、好きな遊びを自分で選んで過ごせるようにします。

 

(オムツ交換)

園についたら、新しいオムツに交換してから、保育者に受け渡しをお願いします。

出勤前などの慌ただしい時間かと思いますが、オムツ交換を通じて、親子の時間を少しもっていただいたり、新しいオムツになることで気持ちよくなったりすることで、保育園での、1日の始まりを、気持ちよくスタートしてほしいと思っています。

 

(手洗い・うがい)

感染症予防のため、登園時に手洗いとうがいを行っていただきます。

うがいができない子は、ペットボトルの水を飲むことで、うがいの代わりとします。

 

(荷物の整理)

荷物を個人のカゴに入れていただきます。

カゴは2つあり、1つは持ってきたバッグや洗濯物を入れるビニール袋を入れます。

もう1つは、予備の着替えやオムツカバー、紙オムツを入れてます。

時間 生活の流れ
7:00 時間外保育
8:30 朝の担当保育士より引継ぎ

室内遊び

順次朝おやつ(牛乳)・水分補給

9:20 戸外遊び・室内遊び
随時水分補給
11:00 帰園・室内遊び
11:30 食事
食後、順次午睡
14:45 目覚め
15:00 おやつ
順次室内遊び・テラス遊び
16:00 水分補給
17:30 夕方の担当保育士への引継ぎ
随時降園
室内遊び
18:45 延長おやつ
20:00 時間外保育終了

 

前期に大切にしたいこと 経験してほしいこと
基本的生活習慣を身につける いつも同じ日課で、自分でやりたい意欲を育む
自分の好きな遊びを十分に楽しむ 安心できる空間で集中して遊ぶ
体を十分に動かして遊ぶ 歩く、走る、跳ぶ、投げる、くぐる、しゃがむなどの動きを楽しむ
言葉や身振りで自分の気持ちを表す 安心して自己主張する
意欲的に自分で食べる 食具を使ってみる
排泄の自立へのステップアップ 排尿に気づく
手先を使った遊びを楽しむ 描く、貼る、破る、ちぎるなど、様々な感触遊びを楽しむ

 

時間 生活の流れ
7:00 随時登園
8:30 朝の担当保育士より引継ぎ
室内遊び
9:00 朝おやつ・水分補給
9:15 戸外遊び・室内遊び
10:45 入室
11:00 食事
12:00 午睡
14:00 目覚め・検温
15:00 おやつ
15:30 室内遊び・テラス遊び
17:30 水分補給
夕方の担当保育士への引継ぎ
随時降園
18:30 延長おやつ
20:00 時間外保育終了

 

2歳児は自分でやりたい、大人の真似をしたい、いろいろなことに挑戦したい、といった気持ちが育つ時期です。

 

室内では、子どもが自分で着脱などに取り組んだり、トイレにいったりして、子どものそういった気持ちが満たされるよう、室内の環境を整え、保育者も子どもとの関わりを大切にしていきます。

 

昼食後には、午睡の時間があります。

にじぐみまでは一斉に午睡の時間を持ちます。

天候がよければ、午前中は積極的に園外活動に出掛けます。

 

富士見第一街区公園や東野北公園、弁天ふれあいの森公園等の公園に行って、存分に遊ぶ時間を持ちます。

 

雨天時は、室内で過ごしますが、室内やテラスで雨の様子を楽しんだり、雨音や空の移り変わり見たりする時間も持ちます。室内で過ごす際には、十分に体を動かして遊べるよう、遊びの内容や室内の設定を工夫します。
 

尿量も増え、園外活動の時間も延びることから紙オムツを使用します。

 

園で紙オムツを用意することもできます。(1日150円・廃棄費用込)

家庭から持参する場合は、オムツのお尻部分に記名(フルネーム)をお願いします。(廃棄 月100円)

 

登園時には、保育園で気持ちよく朝のスタートができるよう、新しいオムツに替えて入室をお願いします。

 

一人一人の成長の様子を見ながら、トレーニングパンツ、布パンツへの移行を進めます。

 

排せつのことだけを見るのではなく、身の回りのことを自分でやろうとするなど、全体の成長発達の様子を見ながら、それぞれのタイミングを見て、個別に関わります。その子の時期はちゃんと来るので、ほかの子との比較したり、焦ったりする必要はありません。

 

2歳児クラスのねらい 前半に大切にしていきたいこと
簡単な身の回りのことを自分でやってみようとする 信頼する大人に見守られる中で、新しい環境でも安心して過ごし、様々なことに挑戦してみようとする。自分でできた喜びを共有し、またやって、ようと次への意欲に繋げる。
保育者を仲立ちとし、友だちと関わりながら遊ぶ 気の合う友だちとの関わる楽しさを味わう。玩具の取り合い等のトラブルも経験しながら、友だちと共に喜び合い笑い合うことの心地よさに気づき、次第に相手の思いを受け入れ、譲り合おうとする。

毎日散歩に行く。

自然にたくさん触れて、戸外で思い切り体を動かして遊ぶ。

虫や草花、砂や泥など、様々な自然物に触れて遊ぶことを楽しむ。

戸外でたくさん体を動かして遊ぶ。

言葉のやりとりを楽しむ。

自分の思いを行動や言葉で表現する。

保育士や友だちに、言葉で自分の気持ちを伝えようとする。子どもの気持ちに共感し、伝わった喜びを味わい、言葉の成長へと繋げる。生活や遊びの中で、「楽しいね」「嬉しいね」「綺麗だね」「悲しいね」など、子どもと一緒に言葉にして気持ちを共有していくようにする。
意欲的に自分で食べようとする。
食具の持ち方を知らせる。

様々な食材に触れる。

友だちと一緒に食べる楽しさを味わう。

食具の正しい持ち方を知り、持ってみようとする。

保育者に見守られながら、トイレで排泄する。 子どもからのサインを見逃さず、排泄の自立へと繋げる。
排泄はデリケートな部分なので、決して無理強いはしないようにする。
手先を使った遊び、感触遊びを楽しむ。 いろいろな素材や道具に触れ、自分なりに試し五感を使いながら遊びを楽しむ。

 

(もりぐみグループについて)
保育園の生活について昨年度の状況として2グループでの生活が難しかったので、今年度はグループ分けはせずもりぐみ全体で過ごしていきます。
基本的に一緒に生活や遊びの時間を過ごしていきますが、活動内容に応じて年齢別での活動も取り入れていきますので、担任の配置として5月下旬頃までを目安に年少:池田、年中長:丸山が担当します。
6月以降はもりぐみ全員で4〜5名程度の生活グループに分かれ、各グループにそれぞれ担当がつく予定です。また子どもたちの状況をみて検討していきたいと考えています。

 

(リュックを持って出かける日について)
森のようちえん活動日、うらっこ広場の日など、基本的には園バスを利用して出かける日のみリュック持参の予定です。
毎日リュックに着替えが2セット入っていると重いので、1セットはロッカーに置き着替えしていただいて構いません。(レインウェア・サンダルも同様です)
これから暑くなりテラスでも水遊びが盛り上がってきますので、ロッカー内の置き着替えを含めて2セットはご用意ください。

 

(置き長靴について)
長靴は園に置いておくことができます。置き長靴が無い場合、雨の日は長靴で登園してください。
大雨でなければ、基本的には雨の日でも園外に出かける予定です。
玄関前の傘掛けの奥に、白い衣服ケースがかかっている棚が長靴棚になっていますのでそこに置いてください。持ち帰りも自由です。定期的にサイズの確認をお願いします。

 

(お手紙袋のご用意のお願い)
A5サイズのチャックがしまるビニール袋をご用意お願いします。
*年少*
手紙の配布時まで園で預かります。お手紙袋を持ち帰ったら、翌日空にしてリュックに入れておいてください。毎朝確認しますが、リュックに入ったままになっているようでしたら職員にお渡しください。
*年中長*
常時リュックサックに入れておき、手紙の配布時には子どもが自分でお手紙袋にしまいます。お手紙が入っているかどうか毎日ご確認ください。

 

(洗濯物について)
おもらし→他の汚れた着替え類と同様、ビニール袋に入れてリュックにしまいます。青い洗濯ばさみをリュックにつけますので目印にしてください。(洗濯ばさみは降園時に職員にお渡しください)
便・血液・嘔吐物→これまで同様、ピンクの洗濯ばさみをつけてトイレ内の専用バケツに入れておきます。降園時にお渡しします。

前期で大切にしていきたいこと 経験してほしい内容
園やクラスの生活の流れに慣れ、基本的な生活習慣を身に付ける 生活に必要なことを自分で行おうとし、できることが増えていく喜びを感じる
自然に触れて遊んだり、存分に体を動かしたりして、気持ちを発散させて過ごせるようにする 泥、水などの感触を楽しんだり、身近な動植物の生長に興味をもったりする
野外での遊びの経験を重ね、好きな遊びを見つけて遊びこむ
気温差への対応や汗の始末など、季節に応じた過ごし方が身につく 汗をかいたら衣服を着替えたり、保育者の声掛けで水分補給や休息をとったりする
異年齢の友だちに関心をもち、積極的にかかわろうとする 年上の子は、できることを手伝ってあげたり、困っていたら助けてあげたりしようとする
年下の子は真似したり、頼ったりして過ごす
自分のしたいことを見つけて遊ぶ楽しさを感じる 保育者や友だちのしていることに興味をもち、自分もやってみようとする
いろいろな素材を使って、自由に描いたり作ったりすることで、表現する喜びを味わう
保育者や友だちに親しみを感じ、一緒に遊ぶことを喜ぶ クラスのみんなで歌ったり手遊びをしたり、絵本や紙芝居をみたりすることを楽しむ
友だちとの関わりのなかで、気持ちを伝えたり相手の思いを聞いたりする経験を重ね、関わり方を知る
集団遊びの楽しさを味わい、ルールを知ったり、自分たちで話しあったりしながら遊ぶ
みんなで食事することを楽しむ 食べ物への関心が広がり、いろいろな食材を食べてみようとする
食育活動(キャベツむき、果実ジュースづくり、ゴマすり、野菜の栽培など)を通して、いろいろな食材に興味をもつ

 

3歳児から5歳児の暮らし

(異年齢保育)3・4・5歳児混合での生活グループ

生活グループ単位に担任がつき、食事やサークルタイムなどの生活を共にします。

異年齢の子どもが共に日々を過ごす中で、年上の子どもは年下の子どもに対して、兄姉のような思いやりやいたわりの気持ちが育まれ、年少の子どもは年上の子どもに憧れや尊敬を覚えます。また、大きな兄弟のように、子ども同士で助け合うなど、心が育つことを願い、保育者が仲立ちしていきます。あそびの時間には、グループの垣根を超えて2つのグループの子どもが一緒に過ごし、好きなあそびで集まったり、時には年齢で集まったりすることもあります。

 

(サークルタイム)

子どもたちによる話し合いの時間です。あそびや友達との関わり、行事など生活全般について子どもたちが話し合います。保育者もファシリテーターとして参加し、話し合いを進めます。

グループの全員が参加する、人の話を聞く、聞かれたら応えるといったルールを持ちます。

 

(森のようちえん) 

3歳児から5歳児は、野外保育「森のようちえん」の活動を行います。

取り入れます。季節に応じて、自然と触れ合える環境にでかけ、思う存分にあそびこみます。

子どもは、四季を通じて自然を感じ、五感への刺激を受け、豊かな心と丈夫な身体をつくります。あそびこむ中で、やる気、粘り強さ、探求していく力、危険を予知する力なども身につけていきます。

・園バスや公共交通機関を利用する場合には遠方まで出かけることもあります。

・お昼ごはんも、園でお弁当を用意し、外でいただきます。

・森のようちえん担当職員が追加で参加します。

・小雨でもレインウエアで雨の日ならではの過ごし方を楽しみます。

(森のようちえんとは)

1970年代にデンマークで始まり、日本には30年程前に入ってきた野外保育の取組みです。10年程前から日本全国に活動が広がっています。日本では野外保育、乳幼児期の自然体験活動を総称して「森のようちえん」と呼んでいます。森は山・川・海・公園など広義での自然環境を指し、ようちえんは、保育園・幼稚園・自主保育・子育てサロン・野外学校・学童など広義での幼少期の教育の場を指します。i-netでは浦安の自然環境の中で2013年から森のようちえんの活動に取り組んできました。

 

(自分で決める生活)

遊び、生活、いろいろな場面で、子どもが自分で考えて選ぶことを大切にします。

すべてを子どもたちに任せる(放任)のではなく、保育者は常に子どもの様子を見守ります。保育者は、子どもの気持ちを代弁したり、大人としての気持ちや意見を伝えたり、提案をすることもあります。

また、子どもの成長・発達や興味・関心に応じ、子どもが主体的に過ごせる環境設定も行います。

一定の枠組みを提案し、その中で子どもたちが決めていくといったこともあります。

 

(就学に向けて)

サークルタイムを通して、自分の思いを伝える力、人の話を聞く力、自分なりに考える力が育ち、就学後の授業やクラス活動でも活かされていきます。園外活動時の移動は集団で行動しますし、ミーティングにも基本は全員が参加するなど、グループや年齢別の友達と一緒に行動する時間も経験も日々の生活で積み重ねていきます。

年長児は、小学校訪問を通じて、他園の年長児との交流や、小学校生活の体験なども行います。


Search

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Other

Mobile

qrcode