私たちは、いつもの同じ流れで過ごす日常の暮らしにより、保育園が子どもとって安心できる生活の場となること、子ども自身が見通しを持てる生活できることで、主体的に行動できる環境であることが大切だと考えています。

 

そのため、行事は、季節を楽しみ、日常の保育生活の延長線上にあるものとし、特別な準備がなくても参加できるものを基本に考えています。

 

(0歳から2歳児)

 

日常の暮らしに影響のない範囲で、参加します。

 

(3歳児から5歳児)

 

成長の場、飛躍の場としても考えており、ファミリー・デイでは、かけっこなど、日頃のあそびの中での成長の姿を披露したりします。また、いわゆる発表会を園としての行事では行いませんが、子どもから保護者に、うたなどの披露をしたいという希望があれば、保護者会などの場を活用したいと考えています。

 

 

Related Entry
Comment





   

Search

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Other

Mobile

qrcode